琥珀の効果は?

琥珀、または「コハク」琥珀とは木の樹脂(ヤニ)が地中に埋没し、長い年月により固化した宝石の一種です。
半化石樹脂や半化石のコハクは英語名でコーパル(Copal)とも言います。
鉱物ではありませんが、高度は鉱物に匹敵します。
黄色を帯びた飴色のものが多いです。
バルト海で多く産出されるため、ヨーロッパでは古くからしられ、宝飾品として珍重されてきました。
【コハクの利用】ネックレスやペンダント。
ネクタイピンなどの装身具に利用される事が多いです。
また、バイオリンの弓などの高級なものでは、フロッグと呼ばれる部品に用いられる事があります。
その他の利用法として、漢方医学で用いられることもありました。
南北朝鮮時代の医学者陶弘景は、著書『名医別録』の中で、コハクの効能について「精神を安定させ、滞る血液を流し、排尿障害を改善する」と著しています。
ポーランドのグダンスク地方ではコハクを酒に浸したあとで、コハクを取り出して飲む風習があります。