住宅ローン借り換えのデメリットは?

住宅ローン借り換えのデメリットについて考えてみましょう。
住宅ローン借り換えには、手数料や諸費用がつきものです。
保証料や団体信用生命保険料を無料としている新生銀行の借り換えプランでさえも、事務手数料、司法書士報酬、普通抵当権設定費用、印紙代などで268000円の諸費用がかかってきます。
ということは、まだローンを組んだばかりの人で金利がそれほど変わらないという場合には住宅ローン借り換えによる差額が最低268000円を超えなければ手続きをした分損をする形になります。
また、各金融機関で貸し付けの条件が変わってきますから、金利の低さに飛びついて借り換えたけれども、数年後にはガクッと高い金利になることもあり得るわけです。
ただ、低金利政策が進められているうちにローンの見直しをするのは悪いことではありませんね。
住宅ローン借り換え比較ランキング!【金利・諸費用安い銀行2017】