住宅ローンのつなぎ融資って何?

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。
借り換えとは、他の銀行へ住宅ローンを組み直す事です。
借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。
ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。
理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。
無料で借り換えができる。
という所はまずないでしょう。
借り換えを考えている時はそういった事も含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。
住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても厳重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。
住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点はフラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
新生銀行の住宅ローンの金利をわけると固定金利・変動金利があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行から薦められる事はありません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

フラット35のつなぎ融資は楽天銀行がいい?