地方自治体に住宅ローン相談できる?

地方自治体に関する住宅ローン相談住宅ローン相談の中にはどこで融資を受けるべきか、という相談が多く寄せられています。
1つの方法としては、地方自治体融資があります。
すべての地方自治体(都道府県市町村)に住宅融資があるとは限りませんが、地域住民の方々に対する住宅融資制度の利用もぜひ考えてみたいところです。
利用できる方は、その地域に一定期間居住または勤務していることのほか、申込人の収入の上限を定めているところが多く、かつ同一地域内での住宅取得などに限定されています。
一般的な条件としては、公庫融資を利用するのが原則で、融資限度額を設けて利率や期間が定められています。
また、自治体が指定する金融機関について、一定期間の利子補給をするケースも見られ、公的資金の補完としての役割を果たしています。
融資制度の内容は毎年度(4月以降)に新しい融資制度が発表されますので注目しておきたいところです。
このように、地方自治体を活用しての住宅ローンも1つの借り入れ手段として考えることができるのです。
住宅ローンの金利の相談でおすすめは?